【レザークラフト作り方】名刺入れver.2(型紙アリ)

【レザークラフト作り方】名刺入れver.2(型紙アリ)

2017年6月15日

名刺入れver.2

名刺入れver.2

ターコイズブルーの革、ステッチは朱色で名刺入れを制作しましたので、作り方をアップします。
ご参考まで。

名刺入れ型紙ver.2型紙

名刺入れ型紙ver.2型紙


型紙です。
必要な方はいつも通り右クリックで保存できます。
縮尺はご自分で調整してくださいね。

(材料)
2mmくらいのヌメ革(本体表面に使いました)
1mmくらいのヌメ革(マチとポケットに使いました)
ビニモ#5

(制作のポイント)

  • マチ部分の縫い付けが難しい
  • 菱目を打つ前に予め、縫い目のポイントとなるところにマルギリで穴を開けておく
  • 菱目を打つ際、表面から打つが段差となる部分には当て革をして段差を打ち消すようにする

(制作手順)

型紙に沿って革を切り出します。
革を切り出したら、トコを磨き、組み立てた後では磨きにくくなる部分のコバを磨きます。
【ポイント】
1mmの革はプレススリッカーなどの硬い道具で磨くとコバが潰れてしまうので、帆布で挟むように磨くと良いかもしれません。


ポケット部分を接着します。接着する部分は荒らしてくださいね。
ポケットの型紙は本体より大きめにできているので、はみ出した部分は革包丁で落としてコバを揃えてください。


マチ部分も接着します。

裏面の縫いのポイントになる部分に丸ギリで穴を開けます。表面まで貫通させてください。
表面から幅4mmの菱ギリで縫い穴をあけます。丸ギリで付けたポイントをうまく噛ませて縫い穴をあけてください。
縫い穴をあけたら端から平縫いで縫っていきます。接着していないマチ部分の縫い付けが難しいです。一針一針気をつけて縫ってくださいね。
縫いが全て終わったらコバを磨いて完成です(^^)
名刺入れver.2

今回作った名刺入れですが、名刺が30枚以上入り、頂いた名刺用のポケットが2つあるので使いやすいと思っています。
よかったら作ってみてくださいね(^^)

(その他)
今回使用した革は浅草の和田商会さんのバンタンというヌメ革の1.7mmと1mmを使用しています。
柔らかめの革で手触りもよく、革表面の色ムラ感が革に表情を付けていて、とてもお気に入りの革です。

« »

情報提供ボタン

Please send information about leather craft !

【革のある暮らし】では、あなたの革やレザークラフトに関する情報(ごひいきの店舗情報など)を募集しています。
「わが町にはこんな素敵な革工房がある」「私がレザークラフトを習っている先生が素敵」などいろいろな情報をお寄せください。
あなたの情報、こころよりお待ちしております!

Facebook Page

Partner


↑トップ