レザークラフトでiPhone4S用スエード革ケースの作り方(型紙付き)②

レザークラフトでiPhone4S用スエード革ケースの作り方(型紙付き)②

2012年12月20日

iPhone4S用スエード革ケースの作り方(型紙付き)①の続きです。

  1. 縫製の前に部品を糊付けします。
    ヌメ革のトコ面の糊づけ部はヤスリで荒らします。
    部品の糊付け

    部品の糊付け

  2. ヌメ革とスエードの段差になる部分に円錐で穴を開けておきます。
    円錐で目印

    円錐で目印

  3. 4mmの菱目打ちで穴を開け、部品を平縫いで縫いつけます。
    平縫いで縫いつける

    平縫いで縫いつける

  4. 部品を縫いつけたら、表と裏の革を接着します。
    接着にはサイビノールを使います。サイビノールは乾くと透明なので接着面が目立ちません。
    サイビノールで接着

    サイビノールで接着

  5. ネジ捻で革の端から4mmの跡をつけて、4mmの菱目打ちで抜い穴を開けます。
    両サイドから真ん中に向かって穴を開けていくと最後の縫い穴の調整がしやすいです。
    菱目打ちで縫い穴を開ける

    菱目打ちで縫い穴を開ける

  6. 本体を平縫いで縫います。
  7. 本体を縫い終わったら、ギボシの取り付けです。
    iPhoneを入れて、ギボシの取り付け位置を確認し、穴を開けます。
    穴の大きさはギボシのネジ部の経に合わせます。
    穴の位置で注意することは、補強用の革を縫いつけるのに必要な縫い代を確保しておくことです。
  8. ギボシを取り付けて補強用の革を貼り付け、蓋になる部分に4mmの菱目打ちで縫い穴を開けます。
    菱目打ちで縫い穴を開けた後

    菱目打ちで縫い穴を開けた後

  9. 端から端まで縫い付けます。これでほぼ完成。
  10. 最後に、補強部分のコバを磨きます。
    スエードとヌメ革を一緒に磨くと結構キレイに磨けます。
    コバを磨く前

    コバを磨く前

    コバを磨いた後

    コバを磨いた後

  11. 以上で完成です!
    iPhone4S用スエード革ケース完成

    iPhone4S用スエード革ケース完成

このiPhoneケースの制作費、だいたい300円くらいでした。
スエードの安いハギレが手に入ったら作ってみたらイイかも。
こんな小物でも、レザークラフトの色々な技術を確認するのになかなか役に立ちますよ。

さて、次は何を作ろうかなぁ?

« »

情報提供ボタン

Please send information about leather craft !

【革のある暮らし】では、あなたの革やレザークラフトに関する情報(ごひいきの店舗情報など)を募集しています。
「わが町にはこんな素敵な革工房がある」「私がレザークラフトを習っている先生が素敵」などいろいろな情報をお寄せください。
あなたの情報、こころよりお待ちしております!

Facebook Page

Partner


↑トップ