【レザークラフト作り方】ミンティアケース(型紙あり)

【レザークラフト作り方】ミンティアケース(型紙あり)

2014年6月22日

完成1

完成1

Facebookでつぶやいていたミンティアケースを制作しましたのでご紹介。
思ったとおり、簡単です。
製作時間1時間弱の小物ですので、お気軽に作れます。

ミンティアケース型紙

ミンティアケース型紙

ミンティアケースの型紙です。
右クリックして保存してください。
ソフトの関係で、縮尺がうまく合っていないのでご注意を^^;

制作の際のポイントは以下のとおり

  • 革は薄いものの方が作りやすい(私はクロムなめし1.2mmを使用しました)
  • 厚い革を使う際には、型紙の幅を若干広くする必要がある
  • 完成したら、仕上げにエッジコートなどをコバに塗ると毛羽立ちが抑えられます。
材料の切り出し

材料の切り出し

では、実際の作り方。
まず、型紙を厚紙に張って切り抜きます。
その型紙に合わせて革にケガキ線を入れ切り出します。
切り出しの際は、ケガキ線の内側を切り出すようにします。

角はポンチで抜く

角はポンチで抜く

内側の切り込みは、角をポンチで穴を開けておくと、ラインが滑らかになります。

ディバイダで縫線を引く

ディバイダで縫線を引く

材料が切り出せたら、ディバイダで縫線を引きます。
縫線は端から3mmの位置です(型紙の黄色い線)。

接着して菱目打ちで抜く

接着して菱目打ちで抜く

床面の端を接着して、菱目打ちで縫い穴を空けます。
表にする方を決めて、その方向から菱目打ちをうちます。
菱目打ちは3mmの物を使いました。

平縫いで縫う

平縫いで縫う

レーシングポニーに表面を右側にしてセットします。
ちなみに私は、裏面を右側にセットしてしまい、間違えました^^;
まぁ、大した失敗ではないですが。
さてさて、細めの糸で、平縫いで縫います。

完成1

完成1

完成2

完成2

縫い終われば完成!
型紙を起こしてから、完成まで1時間位でした。
これは簡単ですね^^

完成(エッジコート処理)

完成(エッジコート処理)

お好みで、コバをエッジコートなどで処理するとこんな感じになります。
コバの毛羽立ちが抑えられて、ちょっとイイ感じかも。

無機質なミンティアですが、このケースに入れれば高級感ありますね^^
友達へのプレゼントにミンティアケース、いかがでしょうか?

« »

情報提供ボタン

Please send information about leather craft !

【革のある暮らし】では、あなたの革やレザークラフトに関する情報(ごひいきの店舗情報など)を募集しています。
「わが町にはこんな素敵な革工房がある」「私がレザークラフトを習っている先生が素敵」などいろいろな情報をお寄せください。
あなたの情報、こころよりお待ちしております!

Facebook Page

Partner


↑トップ