【レザークラフト作り方】総手縫いトートバッグ(型紙あり)

【レザークラフト作り方】総手縫いトートバッグ(型紙あり)

2014年6月16日

トートバッグ完成1

トートバッグ完成1

トートバッグ型紙

トートバッグ型紙

前回の宣言通り、総手縫いでトートバッグを作りました。
これくらいの大物を総手縫いで作るのは結構しんどかったです^^;

↑上の図が今回のトートバッグの型紙です。
右クリックで保存してください。
(縮尺は、ソフトの不具合でうまく合わないので、模造紙などに書き写してください)

今回、私は2mm厚の革を使ってます。
厚すぎると重いし、薄すぎるとへにゃっとするので、2mmくらいがちょうど良いかなぁと。
使いやすさを考慮してポケットを裏面に一つ付けました。
ポケットなんて必要ない、て方はポケットは付けない方がかっこいいと思いますよ。

材料切り出し

材料切り出し

材料を半裁の革から切り出します。
私、ここで失敗しました(T_T)
持ち手の部分を切り取っておかないと、後で少し面倒です。
次のステップで説明します。

床面の処理

床面の処理

床面にトコフィニッシュを塗り、ガラス板などで磨きます。
ここで、失敗したのが、持ち手の部分の床面まで磨いてしまったこと。
持ち手は貼り合わせるので、床面を磨く必要がありません。
むしろ磨くと後で、ヤスル必要がでて面倒くさいだけ。
持ち手の部分以外の床面を処理してください。

銀面の下処理

銀面の下処理

やってもやらなくてもイイですが、私は【Good Leathear】さんにいただいたニートフットオイルを持っていたので、銀面に柔らかい布で塗布しました。
ニートフットオイルは塗った方がイイ感じの表面になりますよ(^^)
エイジングもキレイだとか、聞いています。

縫い溝付け

縫い溝付け

材料をすべて、型紙通りに切り出したら、縫い線を付けます。
大きい作品ですし、糸も太めのを使うので、ステッチンググルーバで縫い溝を付けておいた方がカッコいいかな、と思いました。
縫い線をつけるか、縫い溝を付けるかは、ご自由に判断ください。

下処理完了

下処理完了

そんなこんなで、材料が一通り準備できました。
ここら辺になると、完成図が想像できますね^^

内ポケットの作成

内ポケットの作成

内ポケットを作ります。
ここで、縫い付けた後にコバ処理できなくなるような場所はあらかじめコバ処理してください。
そしたら、縫い付けます。
私は、濃い赤のステッチにしました。

内ポケットの取り付け

内ポケットの取り付け

ポケットを本体に取り付けます。
まず、接着する部分の床面を本体、内ポケットともヤスリで荒らして、Gクリヤーで接着しました。
接着の方法についてはこちらを参考に。

トートバッグ全体の組み立て前

トートバッグ全体の組み立て前

持ち手の裏表を縫い付けて、本体に取り付けます。
私は、ここで失敗しました。
持ち手と本体の取り付け部を別々に縫い穴を開けたのですが、これ、やめた方がイイです。
縫い穴が微妙にずれて、とっても縫いにくい・・・
始めに接着してから、縫い穴を開けるようにすることをオススメします。

持ち手を付けたところ

持ち手を付けたところ

本体に持ち手を縫い付けると、だいぶバッグらしくなってきました。
あと、もうちょっとです。

両脇を縫ったところ

両脇を縫ったところ

バッグの両脇部を縫い付けました。
両脇のステッチが見えるようにデザインして、手縫いの良さを出したつもりです^^;

底部の縫い付け1

底部の縫い付け1

底部を縫い付けます。
真ん中の革が重なる部分がちょっと縫いにくいです。
針の順番を間違えないように。

底部の縫い付け2

底部の縫い付け2

一応、上の写真の続きで、真ん中部の縫い付け。
ここ、しっかりやらないと、カッコ悪くなってしまいます。

トートバッグ完成1

トートバッグ完成1

そんなこんなで、完成しました!
(実は、コバを磨いてないので、この後、ゆっくりとコバ磨きします^^;)

トートバッグ完成2

トートバッグ完成2

内側です。
ポケットを付けているので、ちょっとしたモノを入れるのは、ポケットが活躍するはず(^^)

トートバッグ完成3

トートバッグ完成3

モデル(嫁さん)に持ってもらいました。
女性には少し大きめサイズでしたね^^;
でも、A4がゆったり入るサイズなので、使い勝手は悪くないはず。
かなり遅くなってしまったのですが、姪の入学祝いにプレゼントする予定です。

制作期間、正味4日くらいの(私にとって)大作でした。
これくらいの大物を総手縫いで作るのはかなりきついです。
作られる方は、少し覚悟して作ってみてくださいね(^_-)

次回は、縫わなくてイイ小銭入れを作る予定です。
お楽しみに!

« »

情報提供ボタン

Please send information about leather craft !

【革のある暮らし】では、あなたの革やレザークラフトに関する情報(ごひいきの店舗情報など)を募集しています。
「わが町にはこんな素敵な革工房がある」「私がレザークラフトを習っている先生が素敵」などいろいろな情報をお寄せください。
あなたの情報、こころよりお待ちしております!

Facebook Page

Partner


↑トップ