カシメ・カシメ打ち・万能打ち台(レザークラフト道具・用語)

カシメ・カシメ打ち・万能打ち台(レザークラフト道具・用語)

2013年5月23日

カシメ・カシメ打ち・打ち台

カシメ・カシメ打ち・打ち台

カシメは、革と革を圧着させるための金属リベット。
で、カシメるとは、金属リベットを加圧することで変形させ、革と革を接合すること。
カシメる際には、カシメとカシメ打ちと打ち台が必要です。
写真はその一式。

カシメは、色・サイズ・脚長などと、作品によって、色々と考慮すべきことがあります。
カシメ打ちも小・中・大のサイズがあり、カシメを打つ際には注意が必要です。
打ち台は、写真の万能打ち台を持っていれば、ほぼ事足ります。
ちなみに、カシメ打ちを打つのは木槌ですよ。

カシメる際の注意事項!
いきなり強く打つと、カシメの脚が変な感じに曲がってしまうことがあります。
私は、レザークラフトし始めの頃、何度もやらかしました^^;
始めは軽めにトントン叩いて、まっすぐにカシメられていることを確認したら、強くドンドン叩いてしっかり圧着させるのがイイと思います。

« »

情報提供ボタン

Please send information about leather craft !

【革のある暮らし】では、あなたの革やレザークラフトに関する情報(ごひいきの店舗情報など)を募集しています。
「わが町にはこんな素敵な革工房がある」「私がレザークラフトを習っている先生が素敵」などいろいろな情報をお寄せください。
あなたの情報、こころよりお待ちしております!

Facebook Page

Partner


↑トップ