【タンロー】とは?(レザークラフト材料・用語)

【タンロー】とは?(レザークラフト材料・用語)

2013年5月21日

タンローとサドルレザー

タンローとサドルレザー

タンローとは、タンニン鞣しローケツ染め用革を略したものです。
タンニンなめしということは、タンローもヌメ革の一種であり、油分を抜いて染色しやすくしたヌメ革といえるでしょう。
写真の左が成牛タンローで、右がサドルレザーになります。
タンローは白っぽく、革に含まれる油分が少ないので、水性の染料でも染まりやすいので染色に適しています。
一方、サドルレザーは多脂革なので、染色には不向きです。
タンローはカービングもしやすいので、革表面を加工や染色をする際に選ぶとイイと思います。

ヌメ革サドルレザー、タンローetc… 呼び方色々。使い方色々。
色々あって、悩みます(*_*;

« »

情報提供ボタン

Please send information about leather craft !

【革のある暮らし】では、あなたの革やレザークラフトに関する情報(ごひいきの店舗情報など)を募集しています。
「わが町にはこんな素敵な革工房がある」「私がレザークラフトを習っている先生が素敵」などいろいろな情報をお寄せください。
あなたの情報、こころよりお待ちしております!

Facebook Page

Partner


↑トップ