【スタイルレザークラフト】さんのレザークラフト教室レポート(読者プレゼント有り)

You are here :

【スタイルレザークラフト】さんのレザークラフト教室レポート(読者プレゼント有り)

2013年5月14日

飛塚ちとせ先生

飛塚ちとせ先生

「浅草橋のスタイルレザークラフトさんで、おもしろいレザークラフト教室がやってるよ」との情報をいただき、取材して来ました。
何が面白いって、講師の飛塚(ひづか)ちとせ先生、本職がタレントさん。
上の写真↑が、その、ちとせ先生。
どこかで見たかもって方、いらっしゃるでしょうね。
とても明るい先生で、和気あいあいとした教室でした。
毎週月曜日の13:00〜・15:30〜・17:30〜の三部構成で事前予約の方優先とのこと。
予約はスタイルレザークラフトさんへ。

飛塚ちとせLC教室1

飛塚ちとせLC教室1

さて、教室の進み方ですが、特にカリキュラム等はなく、生徒さんの作りたいものを作るスタンス。
この日は、生徒さんが作りたい、と持ち込んだカードケースや筆箱をちとせ先生が採寸をして、型紙をおこしていました。
写真↑は採寸しているところ。

型紙起こし

型紙起こし

先生の採寸の元、生徒さんが型紙にしていきます。

アドバイス場面

アドバイス場面

生徒さんが困れば、すかさずちとせ先生がアドバイス。
心強いですね。

革の切り出し

革の切り出し

型紙を元に、革を切り出しています。
この革も生徒さんが持ち込んだもの。

平目打ちのステッチ

平目打ちのステッチ

縫い穴は、菱目打ちではなく、平目打ちを使用していました。
ちとせ先生いわく、「初心者には、菱目打ちより平目打ちの方が、ステッチがきれいになりやすい」とのこと。
↑の写真、生徒さんの以前の作品の平目打ちステッチです。
確かに違和感ないかも。

生徒さんの以前の作品

生徒さんの以前の作品

生徒さんの以前の作品も見せて頂きました。
教室のハギレを使って、型紙をおこさずに作ったものとのこと。
簡易的なものとはいえ、なかなかの出来栄えです。

そんなこんなで、縫い穴を開けたところで、15:00を過ぎていて、今日の教室は終了。
縫いはまた次回とのことでした。

ちとせ先生の人柄で、とっても自由な雰囲気のレザークラフト教室でした。
また、生徒さんの要望に、臨機応変に対応することは大変なようでしたが、作りたいものを作らせてあげたい、というちとせ先生の思いを感じました。
ビックリなことに、この教室、受講料が半端なく安い!
初回 ¥1260
2回目以降 ¥500/回
ここにもちとせ先生の心意気を感じます。
実は、ちとせ先生、レザークラフトを始めたきっかけは番組収録のためで、元々はビーズアクセサリーや彫金が得意とのこと。
しかも、革靴職人の元に弟子入りし、バッグや小物の製作に関しては我流で、試行錯誤しながらレザークラフトはやってきたんだそうです。
持ち前の前向きな人柄が、彼女のマルチな才能を引き出しているのだろうな、なんて思いました。
本職はタレントさんですしね。

プレゼントのカードケース

プレゼントのカードケース

最後に、写真↑のカードケース、革のある暮らしの読者の方へ、とプレゼントして頂きました。
と、いうことで、こちらのカードケース、抽選で2名の方にプレゼントします!
メールフォームに「カードケースちょうだい!」と記載して、送信してください。
2013年5月末締め切りです。
当選のお知らせは、発送を持って変えさせて頂きます。
ちなみに発送は定形外郵便です。

ご応募、お待ちしております!

« »

情報提供ボタン

Please send information about leather craft !

【革のある暮らし】では、あなたの革やレザークラフトに関する情報(ごひいきの店舗情報など)を募集しています。
「わが町にはこんな素敵な革工房がある」「私がレザークラフトを習っている先生が素敵」などいろいろな情報をお寄せください。
あなたの情報、こころよりお待ちしております!

Facebook Page

Partner


↑トップ