【レザークラフト】革のベルトポーチの作り方(型紙有り)

【レザークラフト】革のベルトポーチの作り方(型紙有り)

2013年5月14日

ベルトポーチ装着図

ベルトポーチ装着図

キレイな山羊革を入手したので、ベルトポーチを作りました。
大工さんが腰につけてる工具入れのような、出し入れしやすい感じです。
2つ折りの標準的な財布が入るくらいに設計しました。

以下、作り方です。

ベルトポーチ型紙

ベルトポーチ型紙

↑型紙です。
右クリックで「名前を付けて保存」してください。
1/2の縮尺なので、200%に拡大して使ってくださいね。

山羊革とヌメ革

山羊革とヌメ革

【使った材料】
本体部:山羊革 約400mm×約200mm(柔らかい革)
ベルトループ部:ヌメ革(厚さ 2.6mmくらい)
留め具:両面カシメ(足9mm×2個・足11mm×2個)、ジャンパーホック(小×3個)

ベルトポーチ型紙貼り付け

ベルトポーチ型紙貼り付け

実寸に拡大した型紙を台紙に貼り付けます。
水糊は紙がふやけるので使わないほうがイイです。
ゴム糊があれば、ゴム糊がいいと思います。

ベルトポーチ型紙切り抜き

ベルトポーチ型紙切り抜き

型紙に沿って切り抜きます。
直線は別たちで、曲線はカッターなどを使用すると切り抜きやすいです。
ハサミは、型紙が変形してしまうので、使わないほうがイイです。

本体部の革の切り出し

本体部の革の切り出し

型紙にそって、鉄筆で革の表面に跡を付けます。
クロムなめし革の場合、銀ペンで跡をつけるといいと思います。

曲線部の切り抜き

曲線部の切り抜き

本体は、直線だけなので、別たちで切り抜きました。
ベルトループ部は角が曲線なので、カッターで切り抜きます。
材料を切り出したら、ヌメ革は床面処理を行なってください。

ヘリ落とし

ヘリ落とし

ヌメ革はヘリ落としをします。
ヘリ落としをしたら、ヤスリでコバの形を整えます。

コバ磨き

コバ磨き

トコフィニッシュとワックスを使ってコバを磨きます。
まず、トコフィニッシュをコバに塗り、プレススリッカーで軽く磨きます。
コバが半乾きくらいで、ワックスをこすりつけ、プレススリッカーで光沢が出るまで磨きます。

金具の取り付け

金具の取り付け

本体内側の留め具になるジャンパーホックを半楕円のヌメ革に取り付けます。
ポンチで開ける穴は、ホックの足の経に合わせて開けてください。

留め具の取り付けと菱目あけ

留め具の取り付けと菱目あけ

本体の端に平行に、端から20mmのところに目立たない線を引き、中心にジャンパーホックのついた革をセットして、ボンドで端を接着します。
本体端と、今引いた線をピタリと合わせて折り曲げてください。
ジャンパーホックのついた革と本体の中心もキレイに合うようにしてください。
その後、ネジ捻などで5mm幅の縫線をつけて、5mmの菱目打ちで縫い穴を開けます。

端部の縫い付け

端部の縫い付け

本体端を平縫いします。
吟面を右にするようにしてください。
写真、間違えてます^^;

本体と部品の穴開け

本体と部品の穴開け

本体と部品に取り付け用の穴を開けます。
穴の位置は型紙に印が付いているので、それに従って目打ちで印をつけてください。

カシメで部品を留める

カシメで部品を留める

両面カシメで本体と部品を留めます。
一番厚くなる部分なので、両面カシメは足の長いもの(今回は11mm)を使用してください。

菱目打ちで縫い穴を開ける1

菱目打ちで縫い穴を開ける1

まず、ネジ捻などで、本体側面下部に5mm幅で縫い線をつけます。
次に、本体の下部に当たる部分から5mmはばの縫い穴を開けます。
マチに当たる部分なので、穴の数が合うように注意してください。
穴が合わないと悲しくなります。
その後、本体側面部を接着します。
ボンドは4mm幅くらいで付けてください。

菱目打ちで縫い穴を開ける2

菱目打ちで縫い穴を開ける2

本体側面も5mmの菱目打ちで縫い穴を開けます。
先に接着しておけば、縫い穴がズレることがなくなります。

本体を縫いつける

本体を縫いつける

まず、側面を縫いつけます。
その後、下部を縫いつけます。
私は、下部は接着しないで縫いました。

本体を縫いつけた後

本体を縫いつけた後

全部縫い終わるとこんな感じです。
では、ひっくり返しましょう。

ひっくり返した後

ひっくり返した後

おぉ、なんかイイ感じですね。
あとは、ベルトループ部を取り付ければ完成です。

ベルトループ部の穴開け

ベルトループ部の穴開け

ベルトループ部の穴開けも型紙の丸印に合わせて、目打ちで印をつけておいてください。
そして、印を中心に、カシメやジャンパーホックの足の経に合わせた穴を開けます。

ベルトポーチ完成

ベルトポーチ完成

下部をかしめて、上部にジャンパーホックをつけたら完成です。

ベルトポーチ装着図

ベルトポーチ装着図

早速、着用してみました。
我ながら、なかなかイイ感じです。
一日使いましたが、開閉が楽なので使い勝手も悪く無いです。
パンツのポケットだけではちょっと足りないと思っている方、ベルトポーチ、イイかもしれませんね。

« »

情報提供ボタン

Please send information about leather craft !

【革のある暮らし】では、あなたの革やレザークラフトに関する情報(ごひいきの店舗情報など)を募集しています。
「わが町にはこんな素敵な革工房がある」「私がレザークラフトを習っている先生が素敵」などいろいろな情報をお寄せください。
あなたの情報、こころよりお待ちしております!

Facebook Page

Partner


↑トップ