【まえかわ椅子製作】さんに行って来ました。

You are here :

【まえかわ椅子製作】さんに行って来ました。

2013年3月11日

まえかわ椅子製作Webサイト

まえかわ椅子製作Webサイト

私の古くからの友人であり、千葉で一番の椅子職人(自称)である【まえかわ椅子製作】さんに行って来ました。
千葉港の市場から車で5分くらいのところにあり、海の香りがうっすらと漂う千葉みなと。
そこで、椅子の修理を専門に、ほぼ、どんな椅子でも新品同様に修理してしまうまえかわ椅子製作さん。
千葉県内のお客さんからのご依頼がいっぱいで、いつでも一ヶ月先まで予定が埋まっているとのこと。
そんな忙しいまえかわ椅子製作さんに時間をとっていただき、革漉き機や工業用ミシンを見せてもらいました。
(ホントはホームページ修正費用の集金も兼ねて^^)

ニッピ製革漉き機

ニッピ製革漉き機


はじめにニッピ製革漉き機を見せてもらいました。
使い込まれた革漉き機は、椅子張職人には無くてはならないものとのこと。
黒地に金の文字がすごくかっこよかったです。
革漉き機の電源を入れてもらい、使い方を簡単に説明してもらって、実際にちょこっと革漉きをしました。
軽い力で、一定幅の革漉きが簡単にでき、とっても楽ちん。
一生懸命、革包丁などで革漉きするのに比べたら楽ちんすぎ(ToT)
あぁ、これは欲しいですぅ。
価格は中古で20万くらいだったとか。
趣味の範囲ではとても出せません・・・

革用ミシン

革用ミシン


さて、気を取り直して次はミシン。
相当の厚手のものも縫える送りミシンとのこと。
総合ミシン(針送りミシン)では無いとのことでしたが、革ならほぼどんなものでも縫えるとのこと。
このミシンは韓国製だったのですが、工業用ミシンは三菱製が有名らしく、三菱製が欲しい、と話してました。
価格的に韓国製と2倍は違うとのことでした。
私のようなシロウトにはこのミシンで十分すぎて余りが出ます。
私もいつかは革用ミシンが欲しいです!

一人前の椅子職人になるには、最低5年くらいの修業が必要で、まえかわ椅子製作さんも独立に5年でかかったとのこと。
独立しても1年くらいは注文も少なく色々と苦労されています。
それでも自分の技術を信じて、お客さんの期待に応え続けたことで、今のような繁盛店になっています。
今後は弟子をとって、後進の育成にも力を入れるとのこと。

千葉で椅子を直したいと思ったら、まえかわ椅子製作にご相談を!
(ちなみに、ホームページは私が作らせてもらいました^^)

« »

情報提供ボタン

Please send information about leather craft !

【革のある暮らし】では、あなたの革やレザークラフトに関する情報(ごひいきの店舗情報など)を募集しています。
「わが町にはこんな素敵な革工房がある」「私がレザークラフトを習っている先生が素敵」などいろいろな情報をお寄せください。
あなたの情報、こころよりお待ちしております!

Facebook Page

Partner


↑トップ